2009-12-01

単位水量、単位セメント量、水セメント比

単位水量:1㎥に含まれる水の量(kg/㎥)

単位セメント量:1㎥に含まれるセメントの量(kg/㎥)

水セメント比:単位水量(W)÷単位セメント量(C)(%)、コンクリート中の水とセメントの割合



コンクリートは、水量が増えると、施工性(workability)はよくなるが圧縮強度は下がる。

・水セメント比(W/C)が増える=単位水量が増える↑

・単位セメント量が増える=水セメント比が減る↓=水量が減る↓=水和熱、乾燥収縮がおきやすい



ややこしいけど、水セメント比の内容がわかってしまえばわかりやすい。
できるかな?

施工でも出てくるハナシなので、ここではさらっと・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿